今月の新着情報

ホテルと調和するデジタルサイネージ

天然木を使用したサイネージフレーム

サイネージディスプレイの無機質さが、ホテルのブランドイメージに影響を与える?
通常のデジタルサイネージだと・・・
テレビスタンド
金属のスタンドが冷たい印象を与えてしまい、ホテルの雰囲気を壊してしまう?
モニター
ディスプレイのプラスティックフレームがむき出しで、チープな印象を与えてしまう?
上記のようなサイネージが多い理由は、これまではデジタル広告に伴う情報量増加や経費削減効果、外国人旅行客に対応する為のグローバル化に注目が集まり、デザイン性には、あまり注目されなかった為と推測できます。

天然木サイネージスタンド&ウォールデコ

ウォールデコへの変更 天然木を使用したサイネージ機器が、ロビーの雰囲気と機械の間に発生するイメージギャップの緩衝材となり、デジタル機器がホテルの雰囲気に溶け込ませることができます。 ※天然木を使用していないスタンドも以下のラインナップに含まれています

木柄サイネージスタンド

木目のやさしいビジュアルで、ロビー・ホワイエ・レストランなど、様々なホテル空間でマッチングする、サイネージスタンドです。
イーゼル:42~43型

イーゼル:42~43型

トライアングル:32~50型

トライアングル:32~50型

ウォーターパイプ:32~50型

ウォーターパイプ:32~50型

エリプス:32~55型

エリプス:32~55型

ヘンゲル:32~43型

ヘンゲル:32~43型


全5種類

ウォールデコ

ウォールデコKBE 32~65型

ウォールデコKBE
32~65型

ウォールデコ ストライプ 32~55型 国産杉使用

ウォールデコ ストライプ
32~55型
国産杉使用

ディスプレイの壁掛け施工をより簡単に大掛かりな建造物工事不要で壁掛け設置を実現しました。配線などもスッキリ収める壁面装飾ウォールデコレーション。全2種類

額装対応

サイネージディスプレイ本体への額装が可能です。空間の雰囲気に合わせた額縁の提案を致します。お気軽にご相談ください。

映像コンテンツ制作

お客様のご要望に合わせて映像コンテンツの制作をいたします。お気軽にご相談ください。
天然木、木柄サイネージスタンドは、ホテルの雰囲気に調和し、ナチュラルに情報を発信できるアイテムです。
日本文化を感じさせる樹木の演出

宴会場・ホテル内飲食店イメージ

  • 左 サイネージスタンド ヘンゲル SS-HNG11-DB11
  • 中 サイネージスタンド すし SS-SUS11-JC11【国産天然杉使用】
  • 右 サイネージスタンド たてごうし SS-TGS11-JC11【国産天然杉使用】
日本文化をイメージさせる「たて格子」デザイン。ホテル・旅館エントランス、宴会場、和食店などにマッチングする仕上げ。特に「すし」「たてごうし」モデルは国産天然杉をふんだんに使用し、設置した際にディスプレイの無機質感を打ち消し、天然素材のよさと癒しの空間をご提供。
  • 左 サイネージスタンド イーゼル SS-ESL11-DB13/NA13
  • 中 サイネージスタンド エリプス SS-ELP11-WH11/AG11
  • 左 サイネージスタンド ウォーターパイプ  SS-WTP11-OW11【水道管使用】
イーゼルタイプはスマホイメージをテーマとして身近な感覚で柔らかい曲線を演出。優しいイメージでお客様をお出迎え。エリプスはもっともシンプルでスッキリとしたデザイン仕上げ。ウォーターパイプは水道管を使用したユニークなスタンド。黒板とコルク板を採用し「デジタル」と「アナログ」を融合。黒板、コルクを利用し、アナログの安らぐイメージでお客様をお出迎え。

エントランスイメージ

  • 上段左 サイネージスタンド イーゼル SS-ESL11-DB13/NA13
  • 上段中央 サイネージスタンド エリプス/上段右  SS-ELP11-WH11/AG11
  • 下段左 サイネージスタンド ウォーターパイプ/下段中央  SS-WTP11-OW11【水道管使用】
  • 下段右 サイネージスタンド トライアングル SS-TRI11-DB12
イーゼルタイプはスマホイメージをテーマとして身近な感覚で柔らかい曲線を演出。 様々なシチュエーションにマッチング。STBなどの収納性、移動もできるモデル。お客様の目を引くモデル。エリプスはもっともシンプルでスッキリとしたデザイン仕上げ。移動も簡単でエントランスなどにベストマッチ。高さオプションやSTB収納オプションもご用意。ウォーターパイプは水道管を使用したユニークなスタンド。黒板とコルク板を採用し「デジタル」と「アナログ」を融合。トライアングルは横からのイメージを大切にトライアングル形状を採用。収納性、移動性に優れたモデル。
  • ウォールデコ WD-KBE11-WH12/DB12/NA12
ウォールデコは「疑似壁」をイメージとし、ディスプレイの薄型を活かすこと、壁に多くの施工をする手間を省くために開発したモデル。壁との固定は必要ですが、工期も短く、大々的な施工の必要性もないため、エントランスや客室にも最適。ウォールデコを設置するだけでもインテリア性が高まり、空間演出をサポート。

フロントイメージ

  • 上段左 サイネージスタンド イーゼル/上段中央 SS-ESL11-DB13/NA13
  • 上段右 サイネージスタンド エリプス SS-ELP11-WH11/AG11
  • 下段左 サイネージスタンド ウォーターパイプ SS-WTP11-OW11【水道管使用】
  • 下段中 サイネージスタンド トライアングル SS-TRI11-DB12
イーゼルタイプはスマホイメージをテーマとして身近な感覚で柔らかい曲線を演出。優しいイメージでお客様をお出迎え。エリプスはもっともシンプルでスッキリとしたデザイン仕上げ。移動も簡単でフロントにもベストマッチ。ウォーターパイプは水道管を使用したユニークなスタンド。黒板とコルク板を採用し「デジタル」と「アナログ」を融合。黒板、コルクを利用し、アナログの安らぐイメージでお客様をお出迎え。ウォールデコはフロントのスペースを有効活用できるご提案に。製品の薄さが場所を取らず、インテリア性も向上。

ホテル・旅館内その他イメージ

樹木のサイネージスタンド「AVAWOOD」について詳しくはこちら

よくある質問

ディスプレイを支える基礎部分は金属で構成されている為、十分な強度がございます。


はい、様々なメーカーのディスプレイからお選び頂けます。


デジタルサイネージシステムから、コンテンツの作成まで、弊社で承ることも可能です。お気軽にご相談ください。

バンケット設備ならお任せください!
  • 事前デモ・お打ち合わせで導入不安を解消
  • プロの目線からお客様に最適な製品をご提案
  • 遠隔保守・定期メンテナンスで導入後も安心

導入までの流れ

STEP.1
ヒアリング・現場調査
現状の確認、下見を行い、お客様のご用件に合ったコンサルティングを行います。
STEP.2
デモンストレーション
事前に機材をご覧になられたいなど、ご希望に添える場合には機材等の持ち込みやショールームへのご案内を行います。
STEP.3
ご契約
十分な吟味が完了した後、ご契約手続きへ移行させて頂きます。
STEP.4
施工・調整・取扱い説明
現場での施工・調整、完了後にお客様への取説を実施いたします。
STEP.5
保守
保守が必要な製品の場合は、オンサイト保守やリモート保守、定期点検など、お客様のご用件に合った保守プランを行わせていただきます。なお、納品から1年間は瑕疵期間として保守させて頂きます。
機器の選定から施工・保守までワンストップで対応いたします
ワンポイントアドバイス
観光庁が2018年6月27日、5回目となる「宿泊施設のインバウンド対応支援事業」の公募を開始しました。2020年に4,000万人、2030年に6,000万人という訪日外国人旅行者数の実現の政府目標へ向け、訪日外国人が快適に利用できる宿泊施設のソフト面の充実を図るものです。 支援事業には、宿泊事業者(5以上)による協議会が「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定し、国土交通大臣の認定を受けた後、各宿泊事業者が実施する館内共用部のWi-Fiの整備、館内共用部のトイレの洋式化、ホームページの多言語化等の経費の3分の1(上限100万円)を支援するとのことです。 この機会に、設備の整備を考えられてみてはいかがでしょうか。 【補助対象事業例】 ・館内共用部のWi-Fi整備 ・館内共用部のトイレの洋式化 ・自社サイトの多言語化 ・館内共用部のテレビの国際放送設備の整備 ・館内共用部の案内表示の多言語化 ・館内共用部の段差解消 等 ※ 客室部分の整備は補助対象外

観光庁「宿泊施設のインバウンド対応支援事業」(第5回)の公募を開始


お気軽にお問い合わせください

お名前(漢字)(必須)

フリガナ(カタカナ)(必須)

メールアドレス(必須)

ホテル/法人名(必須)

お電話番号(必須)

お問い合わせ内容(必須)
設備の話が聞きたい機材デモ希望見積もり依頼施工事例を聞きたい資料請求

その他メッセージ(任意)

弊社規定の「情報保護方針」の内容に同意する

まだ送信は完了しておりません。内容に誤りがなければ、「上記の内容で送信する」をクリックしてください。


お問い合わせ窓口一覧

北海道・札幌
〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東1-2-9 北2条ビル8階 TEL : 011-555-0180/FAX : 011-555-0181
関東・東京都
〒108-0014 東京都港区芝5-20-9 TEL : 03-5730-3880/FAX:03-5730-3879
中部・名古屋
〒452-0822 愛知県名古屋市西区中小田井4丁目175番地 TEL : 052-509-2960/FAX:052-503-1514
近畿・大阪
〒564-0043 大阪府吹田市南吹田5-32-20 TEL : 06-6310-6704/FAX:06-6310-6706
九州・福岡
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-13-1 林英ビル4階 TEL : 092-477-9210/FAX:092-477-9211
;