今月の新着情報

訪日外国人観光客の問題解決

訪日外国人観光客のホンネ

訪日外国人が旅行中に困ったことTOP3

  • 一位:無料公衆無線LAN環境の少なさ・・・・・・・・・・・・・ 46.6%
  • 二位:施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない・・・35.7%
  • 三位:多言語表示の少なさ・わかりにくさ・・・・・・・・・・・20.2%

訪日外国人 無料公衆無線LAN環境(利用できると便利な場所)TOP3

  • 一位:空港・・・・・・・・81.1%
  • 二位:ホテル・・・・・・・74.6%
  • 三位:鉄道(駅構内)・・・44.0%

訪日外国人 ホテル無料公衆無線LAN環境(利用できなかった理由)

  • 一位:回線速度が遅い・・・・・・・・・・・・・・・ 55.8%
  • 二位:無線LAN環境が無かった・・・・・・・・・・・・29.8%
  • 三位:利用手続きが煩雑(セキュリティ設定など)・・ 14.4%

※国土交通省観光庁 平成28年度「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」結果による。
※国土交通省観光庁 平成28年度「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」結果による。

訪日外国人にとって、ホテル公衆無線LANのクオリティは重要課題

①宿泊客からネットが遅いと度々クレームが入る

  • インターネットは高速なのに、客室のWi-Fiのみ遅い
  • 特に外国人の宿泊客からクレームが多い

②ロビーに人が多い時やイベント開催時に回線が混む

  • ロビーのご利用客よりも宿泊客を優先させたい
  • イベントがある時は全体的に遅くなる

③接続されているお客様のセキュリティが心配

  • 特定の客のPCやスマホからマルウェアに感染した
  • お客様がハッキングの被害に遭われた
特にインバウンドのお客様にとって、日本はインターネットに接続するアクセスポイントが少ないため、宿泊施設内のインターネット設備に大きな期待を寄せています。 また、海外から持ち込まれるスマートフォンやPC端末には予想できない大きなリスクが隠れている場合もございます。

ネットワーク環境をリプレイスし
さらにそのセキュリティを高めることは
お客様満足の向上に繋がります

主な原因と対策

①宿泊客からネットが遅いと度々クレームが入る

  • 原因:インターネットの速度は速いが、施設内のネットワークが遅い
  • 原因:特定のお客様が大量にデータのやり取りを行っている
  • 対策:ボトルネックの調査を行い、ネットワーク機器の入替をご提案
  • 対策:原因を特定し切り離しができるよう、ネットワークをフロアごとなどに分ける
  • 対策:大量アクセスを行っているお客様を自動的に切り離すシステムを導入

②ロビーに人が多い時やイベント開催時に回線が混む

  • 原因:どちらも同じネットワークを構成している為、いずれかの混雑に影響されてしまう
  • 対策:ボトルネックの調査を行い、ネットワーク機器の入替をご提案
  • 対策:ロビーと客室、又は宴会場などのネットワークを物理的又は論理的に分ける
  • 対策:来館者と宿泊客を別のネットワークに分けることで、それぞれの満足度向上に繋がります。

③接続されているお客様のセキュリティが心配

  • 原因:お客様がご自分で気付かないうちにマルウェア感染した端末を持ち込む場合があります
  • 原因:館内のフリーWi-Fiにどなたでも簡単に接続できてしまう
  • 対策:お客様同士がアクセスできないようにする機器を導入する
  • 対策:マルウェア感染した端末を自動的に検出・切離しできる機器を導入する
  • 対策:セキュリティキーでの認証のみならず、MAC認証、802.1x認証など、高度なセキュリティ認証を実装する

A.ネットワークの速度を速くするには?

①ネットワークスイッチをリプレイスする
「遅いのは無線LANのせい」と思っていませんか?

館内全体をマネージメントしているネットワークスイッチは最大速度1Gbit/sが一般的です。 これを最新型の最大10Gbit/s対応へリプレイスすることで、館内全体の速度向上が見込めます。これに合わせて、無線LANのアクセスポイントも高速タイプに見直して頂くことで、より一層の速度向上が見込めます。

②ネットワークを使用者ごとにセパレートする
客室とロビーや宴会場が同一ネットワークになっていませんか?

ネットワークをルーム別、フロア別、用途別などに分けることで、トラフィックを分散することが可能です。イベントで多くのお客様が来館されるような場合でも、客室の速度低下を抑えることが可能です。

B.ネットワークのセキュリティを高めるには?

①お客様のセグメントによって認証方法を変更
宿泊客も一見さんも同じセキュリティ基準になっていませんか?

用途別、お客様のセグメント別などで接続認証方法を変更。 たとえば、名簿もある客室のお客様は簡単なWeb認証で、一見さんの多い宴会場やロビーはより高度な認証方法を使用するなどすることで、セキュリティを向上できます。

②お客様同士が繋がらないようにする
お客様同士が同一ネットワーク上で繋がっていませんか?

客室が同一ネットワークで構成されていると、他の宿泊客のPCを覗き見したり、悪意のあるマルウェアへの感染が広がってしまうリスクが考えられます。セパレート機能が付いたネットワークスイッチなどにリプレイスすることでリスクを未然に防ぐことが可能です。

よくある質問

国内・海外の主要メーカー及び、主要ベンダーの製品を取扱いしております。要件、予算に合わせてメーカーや製品を選定させていただきます。


はい、可能です。製品によって異なりますが、主に、日本語・英語・中国語・韓国語へ対応したものがございます。


極力、現在の状況、設置機材を調査した上で、交換が必要かどうかを判断いたします。

AV・ICT設備ならお任せください!
  • 事前調査・お打ち合わせで導入不安を解消
  • プロの目線からお客様に最適な製品をご提案
  • 遠隔保守・定期メンテナンスで導入後も安心

導入までの流れ

STEP.1
ヒアリング
現状の確認、下見を行い、お客様のご用件に合ったコンサルティングを行います。
STEP.2
現場調査
簡単なWi-Fi速度の検査、電波の混雑状況確認など、現場での事前検査を行います。
STEP.3
ご契約
十分な吟味が完了した後、ご契約手続きへ移行させて頂きます。
STEP.4
施工・調整・取扱い説明
現場での施工・調整、完了後にお客様への取説を実施いたします。
STEP.5
保守
保守が必要な製品の場合は、オンサイト保守やリモート保守、定期点検など、お客様のご用件に合った保守プランを行わせていただきます。なお、納品から1年間は瑕疵期間として保守させて頂きます。
機器の選定から施工・保守までワンストップで対応いたします
ワンポイントアドバイス
観光庁が2018年6月27日、5回目となる「宿泊施設のインバウンド対応支援事業」の公募を開始しました。2020年に4,000万人、2030年に6,000万人という訪日外国人旅行者数の実現の政府目標へ向け、訪日外国人が快適に利用できる宿泊施設のソフト面の充実を図るものです。 支援事業には、宿泊事業者(5以上)による協議会が「訪日外国人宿泊者受入体制拡充計画」を策定し、国土交通大臣の認定を受けた後、各宿泊事業者が実施する館内共用部のWi-Fiの整備、館内共用部のトイレの洋式化、ホームページの多言語化等の経費の3分の1(上限100万円)を支援するとのことです。 この機会に、ネットワーク設備の整備を考えられてみてはいかがでしょうか。 【補助対象事業例】 ・館内共用部のWi-Fi整備 ・館内共用部のトイレの洋式化 ・自社サイトの多言語化 ・館内共用部のテレビの国際放送設備の整備 ・館内共用部の案内表示の多言語化 ・館内共用部の段差解消 等 ※ 客室部分の整備は補助対象外

観光庁「宿泊施設のインバウンド対応支援事業」(第5回)の公募を開始


お気軽にお問い合わせください

お名前(漢字)(必須)

フリガナ(カタカナ)(必須)

メールアドレス(必須)

ホテル/法人名(必須)

お電話番号(必須)

お問い合わせ内容(必須)
設備の話が聞きたい機材デモ希望見積もり依頼施工事例を聞きたい資料請求

その他メッセージ(任意)

弊社規定の「情報保護方針」の内容に同意する

まだ送信は完了しておりません。内容に誤りがなければ、「上記の内容で送信する」をクリックしてください。


お問い合わせ窓口一覧

北海道・札幌
〒060-0032 北海道札幌市中央区北2条東1-2-9 北2条ビル8階 TEL : 011-555-0180/FAX : 011-555-0181
関東・東京都
〒108-0014 東京都港区芝5-20-9 TEL : 03-5730-3880/FAX:03-5730-3879
中部・名古屋
〒452-0822 愛知県名古屋市西区中小田井4丁目175番地 TEL : 052-509-2960/FAX:052-503-1514
近畿・大阪
〒564-0043 大阪府吹田市南吹田5-32-20 TEL : 06-6310-6704/FAX:06-6310-6706
九州・福岡
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-13-1 林英ビル4階 TEL : 092-477-9210/FAX:092-477-9211
;